トイプードルの可愛い毛並みにいい食事と、ドッグフードとは?

トイプードルは、小型犬人気ナンバー1のとても可愛らしい犬です。トイ(おもちゃ、むいぐるみ)のようだからそのまま、「トイプードル」とう名前です。
トイプードルの飼い主さんなら知っていると思いますが、あのふわふわもこもこの毛並みは、けっこうお手入れが必要なんですよね。トイプードルは、抜け毛自体はそんなに多いほうではないのですが、可愛い毛並みがチャームポイントなので、定期的にブラシを入れたり、トリミングしてもらったりしないと、けっこう絡まりやすいですし、一度絡まった毛は、切るしかなくなってしまうので、普段のお手入れは必須です。

 

また、その美しく可愛らしい毛並みをつやつやに保つためには、食事にも気を配る必要があります。

 

トイプードルの毛並みによいとされている食事の栄養は、、

 

・高タンパク質なもの
・ミネラル
・カルシウム

 

が豊富で、なおかつ低アレルギーなものがよいとされています。手作りが一番いいのですが、なかなか大変ですし、これらを補えるドッグフードを与えてあげたいですが、どんなものがあるのかと言うと、高たんぱく質で、低アレルギーなドッグフードの種類のひとつに、「カナガン」などがあります。カナガンは、英国産の、グレインフリー(穀物不使用)とチキンにこだわった、無添加で話題のドッグフードのひとつです。

 

 

 

1.1 トイプードルにオススメのドッグフード、カナガンなどをあげたいときの注意点

 

 

前述のように、トイプードルは食事に、特に高たんぱく質で低アレルギーなものが、美しい毛並みを保つのに欠かせませんので、これらの成分の多いフード選びをする必要があります。

 

カナガン・NDFナチュラルドッグフードなど、外国産の無添加で高たんぱく質、低アレルギーなものが挙げられます。

 

特に、カナガンは今かなり話題になっており、チキンにこだわった非常に高タンパク質なドッグフードです。また、無添加なのでアレルギーにも十分配慮しています。そして、海草類も配合されているので、毛づやにはとても有効です。

 

 

ただし、これらの「高たんぱく質」「低アレルギー」「無添加」のドッグフードだけでよいのかというと、そうでもありません。

 

 

確かに成分自体はオススメなのですが、トイプードルは高たんぱく質なフードばかり食べていると太りやすい、ということがあります。
また、毛並みにばかりこだわっていて、見落としがちなことに、カルシウムなどが不足しがちになってしまうのです。

 

そのため、カナガンや、その他無添加にこだわった高たんぱく質のドッグフードを選ぶのなら、まずは、その種類のみにしない、ということが大事になってきます。

 

でも、無添加にはこだわりたい、という人も多いでしょう。

 

そういった場合に有効なのが、フードに、無添加のカルシウム「粉ミルク」をふりかけて与える、ということがあります。この方法は愛犬の食いつきが悪い場合にもかなり有効で、「粉ミルク」は美味しく舐める子がとても多く、粉ミルクがかかっているとフードも食べてくれる、ということになります。

 

しかし、高たんぱく質になりすぎるとどうしても、運動量の少ないトイプードルなどは、太りやすくなってしまうので、カナガンなど高たんぱく質なフードを与えるときには、それだけにはしないようにしましょう。無添加にこだわるなら、無添加で、かつ低タンパク質のタイプのフードも必ずありますので(主に体重サポート用)、それらと組み合わせることなどを、オススメします。

 

トイプードルの美しい可愛い毛並みは、見ていても、触っていてもとてもふわふわで幸せな気分になりますよね。できれば、飼い主さんが、高たんぱく質でミネラル、カルシウムに配慮した食事を作ってあげたいものですが、限度もあるので、高タンパク質で低アレルギーなドッグフードに頼ってみるのもよいでしょう。
ですが、太りすぎや、カルシウム不足には注意が必要ですよ。

 

 

→当サイトおすすめのトイプードルの毛並みをきれいにしてくれる安心のドッグフードはコチラ

 

 

⇒カナガンで涙やけを解消しよう!トップページへ戻る